脱毛の原因

一口に脱毛症と言いますが、症状は似ていても、脱毛症になる原因は人それぞれ存在してします。
まず脱毛症、AGAの症状の例としては、抜け毛が多い、髪の毛が細く薄くなってきた、髪の毛が伸びないなどが在ります。この中で複数の症状に合致した場合にはAGAになっている可能性が高いです。

日本でこの男性型脱毛症に悩む男性は1000万人近くいると言われています。患者のみなさんそれぞれが、先ほど述べた症状が出ている方達です。
ですが、その症状になった原因は皆さんそれぞれ事なっています。
簡単にAGAになる可能性の高い原因を紹介しましょう。

一番の原因と言われているのが、遺伝による物です。しかしこれは今現在研究が進められている段階で、明確な根拠と原因の究明には至っていないようです。
次に有名な原因としては、男性のホルモンバランスが崩れてしまうことです。男性ホルモンとジヒドロテストステロンと呼ばれ物質が結合することでヘアサイクルを乱し、頭髪が抜けてしまうのです。
他にも原因はあります、ストレスによる抜け毛の増加、食生活の乱れによる栄養バランスの乱れなどが主な原因と言われています。
ここまで聞いて何か1点でも思い当たる節があるのならば、専門医に相談するのが一番です。

Comments are closed.