病院での治療

AGAにお悩みの方は病院へ!と簡単に言いますが、どんな治療を行うのか知らないのに、治療に行くなんて出来ませんよね?
そこでAGAの治療方法、病院で行う診察方法などについて解説したいと思います。

男性型脱毛症とは髪の毛が抜ける、進行する脱毛症の事を言います。そしてAGA治療を行う専門医では最初に述べたように進行遅延が目的の治療です。
その方法が投薬による、脱毛症の遅延です。
投薬される薬はフィナステリドと呼ばれる薬で、この成分は抜け毛の原因となる物質、ジヒドロテストステロンの生成を阻害、防ぐ働きが在るのです。
髪の毛を増やす為には、まずは抜け毛の原因となっている成分を抑制する事が必要なのです。
抜け毛の予防のために育毛シャンプーを毎日使っていたとしても、それは脱毛成分を無くしてくれる物ではありません。あくまで育毛の為の成分なので、脱毛は進行するのです。

この脱毛成分を抑制してくれる、フィナステリドはアメリカで作られた薬で、創られてから数年で多くの国で処方されるようになった薬でもあります。
おこれらの理由から効果は十分にある事が理解できるのではないでしょうか。

Comments are closed.